ゆのきちです。

最近、私のブログやメルマガの読者さんから、このようなメッセージが寄せられることがあります。

「自分のブランドを作って、それで稼ぎたいですがどうしたらいいですか?」

「自分のブランドで稼ぐというのは難しいのでしょうか?」

こんな感じで、「自分のブランドで稼ぎたい」という人がけっこう増えてきているなあと感じます。

それこそ、ここ1〜2年くらいでこういう質問が一気に増えてきた印象で、なんというか、時代の流れなんですかね。

自分のブランドやっている人、今はかなり多いですからね。(まあ、その大半は大して儲かっていないのが実情だとは思いますが。苦笑)

私自身、以下の記事でも触れたように、自分のアパレルブランドの商品を販売して利益を得ていたりするわけですが、

趣味で始めたアマゾンが気付いたら月商100万円超えてました。

 

こうした私自身の経験から、「自分のブランドで稼ぐ」ということに関しては、それなりにアドバイスできるような気がしましたので、この件について記事にまとめてみた次第です。

題して、

「自分のブランド商品を売って稼ぐための方法論」

です。

ブランドの立ち上げ方からコツみたいなものまで、私の経験則をもとにお話していきますので、興味があればご覧になってみてください。

では、はじめていきます。

自分のブランド商品を売って稼ぐための方法論。D2Cビジネス講義

「自分のブランドで稼ぐ」というビジネスは、マーケティング的に言えば

『D2C』

と呼ばれるビジネスになります。

D2Cとは、Direct to Consumerの略で、メーカーが自ら商品を企画し、代理店や小売店を通さずにダイレクトに消費者へ販売するビジネスモデルですね。

こう書くとむずかしく感じるかもしれませんが、要するに、

「自分で商品(ブランド)を作って、自分のサイトで商品を販売する」

というビジネスのことですね。

ですので、あなたがもし「自分のブランドで稼ぎたい」と思っているのであれば、それは「D2C」と呼ばれるビジネスになりますので、このキーワードを知っておくだけでも、今後何か情報をリサーチしていく上でのヒントになると思います。

と、そんな余談もさておき、早速、その「自分のブランドで稼ぐ(D2C)」ための方法論について話していきます。

まず先に覚えておいていただきたいのは、「自分のブランドを作る」ということ自体は、非常に簡単だということです。

自分のブランドを作りたいなら、

その1:ブランド名を決める

その2:ブランド名を商標登録する

これだけで自分のブランドが作れます。

商標登録というのは、自分でやるのが難しければ、行政書士さんに丸投げしてしまえばいいんです。

ネットで探せば、商標登録を代行してくれる行政書士さんはいくらでも見つかりますし、5〜6万円もあれば商標を登録することができます。

ですので、「自分のブランドを作る」という「だけ」なら、すぐにでもできてしまうんです。

ですから、自分のブランドを作るのは難しくないわけで、本当に難しいのは「自分のブランドで稼ぐ」ということなんですね。

というのも、稼ぐためには、「自分のブランドを買ってもらわないといけない」からです。

そして、この「買ってもらう」というのが、ハードルが高いわけです。

しかし、これができないうちは、お金を稼ぐことはできません。

ですので、どのようにして自分のブランド商品を売っていくか、それが非常に重要なのですが、これには大きく、2つの「道筋」があると思っています。

その道筋とは、

  • インフルエンサーになる
  • ネット販売のスキルを高める

この2つですね。

インフルエンサーになる道を選ぶのか、ネット販売のスキルを高める道を選ぶのか。

いずれにしても、自分のブランドで稼ぐなら、このどちらかの道を選ばなくてはなりません。

とは言っても、あまりピンと来ないと思いますので、順番に説明していこうと思います。

インフルエンサーになるという道筋について

先に言っておくと、この道筋は”個人的にはおすすめできない”のですが、一応説明していきます。

あなた自身がSNSなどを駆使してインフルエンサーとなり、世間的な影響力や知名度を高めていくというのが、この道筋です。

これをすることによって、「あなたのファン」を作ることができ、そのファンに対して自分のブランドをアピールすることで、自分の商品を売っていくわけですね。

近年、このスタイルで稼いでいる人はかなり多いですし、何か一つのゴールデンルート(?)みたいな風潮になりつつありますが、私はこのスタイルを、どちらかと言えば否定的に見ています。

その理由は、まず第一に、

「再現性が極めて低い」

という理由です。

インフルエンサーというのは、なろうと思ってなれるものでも無いと思います。

もちろん、なりたいと思わなければなることはできませんが、なりたいと思ってどんなに努力しても、それなりに影響力のあるインフルエンサーになれる人というのは、ほんの一握りというのが実情です。

そもそも、インフルエンサーとして成功するためには、

  • 才能

この2つが必要不可欠です。

どんなに才能があっても、運が悪くて時代の波に乗れず、世間に認知されないまま消えていく人も大勢いますし、またどんなに運が良くても、「タレント性」と言いますか、何かしら人を惹きつけるズバ抜けた才能がなければインフルエンサーになることはできないわけです。

「才能」と「運」、この2つが密接にリンクし合って、初めてインフルエンサーとしての”可能性”が生まれていきます。

ですから、「自分のブランドで稼ぎたい」からといって、そのためにインフルエンサーを目指すというのは、そもそも難易度がめちゃくちゃ高いと思ってください。

インフルエンサーとして成功すれば、自分のブランドで稼ぐことなんて簡単ですが、そもそもインフルエンサーになること自体が極めて難しいわけですね。

これが「再現性が極めて低い」の意味です。

あとは、仮にインフルエンサーとして成功し、自分のブランドが好調に売れるようになったとしても、それがいつまで続くか分からないんですよね。

というのも、インフルエンサーのような「影響力を武器に商品を売る」ようなビジネスモデルは、良くも悪くも自分自身の影響力で売上が決まるからです。

そして影響力というのは、意外と簡単に上下するものだと思います。

実際、少し前まで人気の絶頂にあったタレントが、不祥事や時代の波に飲まれ、いつしかめっきりテレビに出なくなったりする例は、あなたも何度も見たことがあると思うんです。

これはインフルエンサーにおいても全く同じで、影響力(人気)というものは簡単に失われるものだと思ってください。

もちろん、インフルエンサーとしての影響力が失われたとしても、その人のブランド自体にファンがついていれば話は別です。

「このブランドが好きだから」という理由で買ってもらえるなら、インフルエンサーとしての影響力が落ちても、ブランドビジネスは安定します。

しかし、大半のインフルエンサーは「商品の良さ」ではなく「自分自身の影響力の大きさ」を全面に活用して商品を売っているわけですから、そういうビジネスを展開している以上、ちょっとした時代の変化が命取りになるわけですね。

ですから、インフルエンサーになること自体も難しいですし、仮になれたとしても、その影響力を維持し続けていくのも難しいわけですから、「自分のブランドで稼ぐ」ということを考えたときに、「インフルエンサーになる」というような道筋をたどることは、私は否定的に見ているということでした。

では、自分のブランドで稼ぐには、どのような道筋をたどるべきなのか。

私がおすすめする道筋はズバリ、

「ネット販売のスキルを高める」

という道筋です。

これについて説明していきます。

ネット販売のスキルを高めるという道筋について

ネット販売のスキルを高めるというのは、要するに、インターネットで商品を売るためのスキル(テクニックやノウハウ)を高めるということです。

インターネットで商品を売るためのスキルというのは、どんな商品を売るにしても”本質”は共通しています。

したがって、このスキルを身につけ、高めていくことができれば、自分のブランド商品だろうと、いくらでも売っていくことができます。

そして幸いなことにも、ネット販売のスキルを高めていく過程では、「才能」も「運」も必要ありません。

正しい知識やノウハウを学び、それを日々のビジネスで実践していきながら経験値を高めていけば、ネット販売のスキルというのは誰でも向上していくモノです。

つまり、才能と運が必要な「インフルエンサーになる」という道筋とは違い、努力次第でいくらでも道が開けていくのが、この「ネット販売のスキルを高める」という道筋なのです。

何を隠そう、私もこの”道筋”で自分のブランドビジネスを進めてきて今があります。

おかげさまで、年末か来年くらいには自分のブランドだけで月商1000万円というものが現実的に見えてきていますが、そんな私と言えば、「ネット販売のスキルを高める」という道筋を、ただただ愚直に突き進んできただけです。

そうやって進んできた道筋の先に、「自分のブランドで稼ぐ」ということが実現しただけであり、私は今流行り(?)のインフルエンサーになったわけでもなければ、何か特別なビジネスプランを実行したわけでもありません。

それこそ、一番最初はヤフオクやBUYMAなどのプラットフォームでの転売から身を起こし、その次のステップとして自分のネットショップで商品を販売し、その流れの中で、ネット販売の知識やノウハウを学び、実践し、そのスキルを高め続けてきただけのことです。

ですから、「ネット販売のスキルを高める」ということを一生懸命取り組んでいくことが、結果的には「自分のブランドで稼ぐ」ということに繋がるんじゃないかと思っています。

それに、「影響力」のような”水モノ”とは違い、「スキル」というのは”一生モノ”です。

一度身につけた影響力がなくなることはあっても、一度身につけたスキルがなくなるということは基本的には無いわけです。

したがって、「ネット販売のスキルを高める」という道を進んでいった先で、自分のブランドを立ち上げることができたならば、そのブランドビジネスは必ずや安定してあなたに富をもたらし続けてくれるはずです。

そういう意味でも、もしあなたが「自分のブランドで稼ぎたい」と思っているなら、インフルエンサーを目指したりなどせず、本当に単純に「ネット販売のスキルを高める」という、今できることを一生懸命やってみたらいいんじゃないかと思います。

私の経験からも間違いなく言えるのは、その努力の先には、必ず「自分のブランドで稼げる自分」がいるはずです。

あとは、自分のブランドを立ち上げるとなると、

  • どんなコンセプトにするか
  • どんなブランド名にするか
  • どんなジャンルのブランドにするか

などなど、決めるべき課題もたくさんあるわけですが、そういうものは、ネット販売のスキルを高めることができれば、あとから何とでもなります。

ネット販売のスキルを高めて「何でも売る自信がある」という状態に自分がなれば、ブランド名やらコンセプトの最適解なんかは、後から勝手についてくるはずです。

というより、自分自身にネット販売のスキルがなければ、どんなに優れたコンセプトにして、どんなにカッコいいブランドを作ろうと、商品は売れません。

ですから、1にも2にも、まずは「ネット販売のスキルを高める」というのことを意識するようにしてみてください。

それが必ず「自分のブランドで稼ぐ」ことにつながっていきます。

ネット販売のスキルを高めるには?

というわけで、最後に、ネット販売のスキルを高めるにはどうしたら良いか、をサラッとお話ししてこの記事を終えようと思います。

結論から言ってしまうと、ネット販売のスキルを高めるためには、

・正しい知識を学び

・繰り返し実践を積む

これしかありません。

もう本当にありきたりな答えかもしれませんが、これしか無いんですよね。

今はブログやメルマガでいくらでも学べる時代ですから、転売ビジネスやネットショップビジネスなどの情報を発信している人を見つけ、徹底的に学んでみる。

そして、その学んだ知識を、自分が普段取り組んでいる転売ビジネスや物販ビジネスで実践してみる。

そうやって、学んでは行動しての繰り返しだけが、あなたの販売スキルを高めてくれます。

しかしながら、もう少し突っ込んだ話をすれば、

「自分のネットショップで商品を販売してみる」

というのが、結局はネット販売のスキルを高める上で一番大事かもしれません。

というのも、BUYMAやヤフオク、メルカリやアマゾンなどのプラットフォームで商品を販売しても、なかなかスキルって向上しないんですよね。

もちろん、全く向上しないわけでもないですが、向上しづらいんです。

というのは、プラットフォームを利用する限り、集客などを考える必要がないため、楽に商品を売れるのですが、だからこそなかなかスキルが向上しないのです。

ただ、自分のネットショップで商品を販売するのであれば、集客からコンセプトメイキングからブランディングまで、自分の頭で考えなくてはなりません。

それは少し手間ではあるのですが、その試行錯誤が自分のネット販売のスキルを飛躍的に向上されてくれます。

分からなければ、当然ネットや書籍で調べたりするでしょうし、調べた知識を実際に取り入れてみて、商品を売っていく。

その過程が、間違いなくあなたのネット販売のスキルを高めてくれます。

私自身、今では「石コロでも売れる」というくらいにネット販売のスキルには自信がありますが、スキルが向上したきっかけは、自分のネットショップで商品を販売し始めたことにあると思っています。

ですから、プラットフォームではなく、ネットショップで商品を販売してみるという行為は、間違いなくネット販売のスキルを高めてくれるきっかけになりますので、余裕があるのであれば、ぜひ少しずつでも取り組んでみたら良いんじゃないかと思います。

そうやって行動していった先に、「自分のブランドで稼ぐ」という夢の実現が待っているはずです。

ちなみに、ネットショップで商品を販売してみることに興味がある人は、ぜひ私の無料メール講座を参考にしてみてください。

自分のネットショップで稼ぐための集客方法からブランディングのやり方まで、かなり徹底的に解説しているつもりですので。

ネットショップに興味がある人にとっては、一読の価値があると思います。

というわけで、本日の記事は以上になります。

自分のブランドで稼ぐためには、

「ネット販売のスキルを高める」

という道筋をたどることがおすすめだという話でした。

そして、ネット販売のスキルを高めるために手っ取り早いのは、自分のネットショップで商品を販売するという経験を積むこと、これに尽きますね。

以上、参考にしてみてください。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



輸入転売ビジネスを無料で学べるコンテンツを用意しています


輸入転売で稼ぎたいと考えるあなたのために、ノウハウを学べるコンテンツを一覧にして用意しています。
全て無料で学べます。好きなだけ存分に学び、あなたの糧にしてもられば嬉しいです。
コンテンツ一覧は下記よりどうぞ↓↓

>輸入転売ビジネスを学ぶコンテンツ一覧へ


自分のネットショップで稼ぐための無料メール講座のご案内

BUYMAやアマゾン、メルカリ、ヤフオク等のいわゆる”プラットフォーム”を使用した転売ビジネスは、結果こそ出しやすいですが、それゆえにライバルも年々増加しており、価格競争も激しく、”ジリ貧”になりやすいビジネスです。
それだけでなく、アカウントBAN(アカウント停止)のリスクも常に付きまとうため、”収入源がプラットフォーム転売だけ”というのは、決して無視できないリスクだと言えます。
そのような現状を受け、「自分のネットショップ」で商品を販売することで、「プラットフォームに頼ることのない確固たる収入源」を作っていくための方法とノウハウを、無料のメール講座で配信していくことにしました。
「プラットフォーム転売から抜け出したい」「自分のネットショップで稼ぎたい」とお考えの転売プレイヤーさんは、宜しければこの無料メール講座で学ばれてみてください。

>自分のネットショップで商品を販売しプラットフォームに頼らない収入源を手に入れるための無料メール講座はこちら