ゆのきちです。

 

輸入ビジネス以前に、”物販”というビジネスをしていると、

 

「無在庫販売」か「有在庫販売」のどちらの販売方法に力を入れればいいのか?

 

と、そのように悩む時もあるかもしれません。

 

「無在庫販売」とは、読んで字のごとく、在庫を持たない(無在庫)状態で出品・販売をし、それが売れた段階で初めて仕入れをするビジネスモデルです。

 

その逆に「有在庫販売」とは、販売する前に仕入れを行い、在庫を持った(有在庫)状態で出品・販売をするビジネスモデルですね。

 

そしてそのどちらの販売手法にも一長一短があり、今やそのたくさんの情報がネット上にあふれています。

 

そのようなこともあり、そのどちらに力を入れてビジネスに取り組むべきか、悩んでしまうのも仕方がない事なのかもしれません。

 

実際、ゆのきちのコンサル生さんからの質問でも多い内容が、この、「無在庫販売」か「有在庫販売」のどちらがいいのか、というものです。

 

ですので本日は、輸入ビジネスをしていく上で「無在庫販売と有在庫販売はどちらがいいか?」という内容でお話ししていきたいと思います。

 

それでは、いってみましょう。

 

輸入ビジネスで、無在庫販売と有在庫販売はどちらがいいか?

 

これは結論から申し上げますと、

 

「どちらがいいというのは無く、状況によってそれぞれを使い分けていく」

 

というものが最も適切な答えになってくるかと思います。

 

まず、「そもそも論」としてですが、「無在庫販売」と「有在庫販売」にはそれぞれメリット・デメリットが存在します。

 

そして、それらのメリット・デメリットを理解した上で、その時の状況において、最もそのメリットが活かせる販売方法を選び、それを使い分けていく事が、「ビジネスとして優位性の高い選択」となるからです。

 

では、どのような状況において、「無在庫販売」と「有在庫販売」の販売方法を使い分けるべきなのか?

 

その答えをお伝えする前に、無在庫と有在庫のそれぞれにメリット・デメリットをご理解いただくことが、その答えをより理解出来ることにつながると思います。

 

ですので、無在庫と有在庫のそれぞれのメリット・デメリットを最初にお伝えしていきます。

 

無在庫販売のメリット

・不良在庫のリスクがない
・資金がほぼ不要
・在庫の保管スペースが不要

 

有在庫販売のメリット

・無在庫に比べて売れやすい
・販売や管理が楽
・利益率を高くしやすい

 

これらが、無在庫と有在庫における、それぞれの主なメリットになります。

 

ただ、それだけを聞いても分かりづらいかもしれませんので、それらのメリットを順番に説明していきます。

 

 

 

無在庫販売のメリットの解説

 

それでは、まずは無在庫から解説していきます。

 

無在庫販売のメリット1:不良在庫のリスクがない

そもそも不良在庫とは、在庫の中でも売れ残りの在庫のことであり、今後も売れる可能性が低いであろう在庫のことです。

無在庫販売は、商品が売れて(成約)して初めて仕入れを行うので、基本的に不良在庫を抱えてしまうリスクがないということです。

 

 

無在庫販売のメリット2:資金がほぼ不要

これに関しては、「ほぼ」不要という言い方が正しいかと思います。

というよりも、初期資金をほぼ用意していなくても、ビジネスを回していけるという表現の方が正しいかもしれません。

なぜなら、無在庫販売は、商品が売れた段階で初めて仕入れを行うわけですから、やり方によっては、お客様からの入金を先にいただいた上で、その資金を使って仕入れることも可能だからです。

極論になりますが、自分で資金を用意していなくても、お客様のお金をビジネスのその資金にして稼いでいくことが可能ということです。

ただ、この方法は独自ネットショップ等の、自分でその決済ルールを決めることができる販路で利用出来る方法です。

バイマ等の無在庫販売が許可されているプラットフォームで販売するなら、それらの決済のルールを守る必要があるので、そのような場合は、一商品分の「仕入れ費用」くらいは用意する必要があります。

しかし、有在庫のように、「大きな金額を稼ぐならそれに比例した資金を用意する」ということは必要ありませんので、有在庫に比べたら資金はほぼ不要と言えるわけえです。

 

無在庫販売のメリット3:在庫の保管スペースが不要

無在庫販売は基本的に、

注文→仕入れ→到着→発送

という順番で作業が進んでいきます。

そしてすでに注文が入っている以上、お客様が商品を待ちわびているはずですから、この「到着」と「発送」をほぼ同時に行う事になると思います。

ですので、その在庫を「保管しておく」スペースは必要がないわけです。

当然、仕入れた商品が到着したら、それを「一旦は物理的に置くスペース」は必要になりますが、すぐに発送するのが前提だと思いますので、「保管スペース」は不要ということです。

仮に自宅の部屋が狭くても、これなら十分にビジネスができますね。

 

 

 

有在庫販売のメリット解説

 

それでは、有在庫のメリットについて解説していきます。

 

有在庫販売のメリット1:無在庫に比べて売れやすい

これは少し考えてみると分かると思います。

例えば、「全く同じ商品」が「全く同じ値段」で、それぞれ「無在庫販売」と「有在庫販売」で売られていた場合。

この場合、どちらの商品をあなたは選びますか?

ほとんどの場合、「有在庫」つまり、在庫がすでにある商品を選ぶのではないでしょうか。

その理由として一番大きいものが、その商品の「納期」という点になると思います。

なぜなら、すぐに届く商品と、到着までに2週間から3週間もかかる商品では、すぐに届く商品が欲しいと思う人が大半のはずです。

もしこれが価格的に20%も30%も無在庫販売商品の方が安かった場合、少し時間がかかっても安い方(無在庫)を選ぶ人もいるかもしれません。

ですが、全く同じ値段だった場合、そのどちらを選ぶかというのは、やはり「納期」が密接に関わってくると思います。

そのようなこともあり、「有在庫の方が無在庫よりも売れやすい」という結論に至ります。

 

有在庫販売のメリット2:販売や管理が楽

このメリットは、それが「無在庫販売」に比べて楽になるということです。

有在庫の場合、基本的には手元に商品があるわけですから、お客さんからの商品の問い合わせや質問に対して回答するのも楽ですね。

無在庫だと手元に商品がないため、お客さんからの質問で分からないことがあれば、一つ一つ仕入れ先に確認しないといけません。

これは思ったより手間がかかる作業です。

また、無在庫でよくありがちなのが、「商品は売れたけど、仕入れができない」ということです。

仕入れ先の商品を、実際には仕入れずに販売していくわけですから、その仕入れ先の商品の供給状況によっては、そのような事態はよく起こります。

その場合、その仕入れ先への問い合わせや、他の仕入れ先を探してみたりと、実は有在庫よりも無在庫の方が手間がかかるケースの方が多いのです。

有在庫の場合、

リサーチ→仕入れ→販売

という流れで販売まで進んでいきます。

 

これが、無在庫の場合だと、

リサーチ→販売→仕入れが可能かリサーチ→仕入れ

このように、「販売後のリサーチ」というステップが増えるため、有在庫の方が販売や管理が楽と言えるわけです。

 

有在庫販売のメリット3:利益率を高くしやすい

利益率とは、「売上の中でその利益が占める割合」のこと。

そして、

売上-原価=利益

という計算で利益が決まります。

ですので、原価が低いほどその利益は高くなるので、結果的にその売上に占める利益の割合が高くなり、その利益率は上がります。

つまり、(仕入)原価を下げれば下げるほど、利益率が上がることになります。

そして物販の仕入の場合、まとめ買いをすればするほど、仕入れ価格を下げる事が可能になってきます。

ですので、まとめ買いによって仕入れ価格を下げられる有在庫の方が、無在庫よりも「利益率を高くしやすい」という事につながってきます。

 

では、無在庫と有在庫のそれぞれのデメリットは?

 

上記では、無在庫販売と有在庫販売のそれぞれのメリットを挙げてきました。

 

メリットがあれば、当然ですがデメリットも存在してくるわけです。

 

そしてそれらのデメリットですが、一言でいうと、

 

「その販売方法のメリットの反対が、もう片方の販売方法のデメリットになる」

 

とお考えください。

 

例えば、無在庫販売の「メリット」が、

・不良在庫のリスクがない
・資金がほぼ不要
・在庫の保管スペースが不要

 

と考えるとしたなら、

 

有在庫販売の「デメリット」というものは、

・不良在庫のリスクが”ある”
・資金がある程度”必要”
・在庫の保管スペースが”必要”

 

ということになるわけです。

 

 

では、上記を踏まえた上で、「無在庫販売」「有在庫販売」の使い分けについての結論をお話しします。

 

どのような場合に、「無在庫」と「有在庫」の販売方法を使い分けるべきか?

 

これに対する結論ですが、

 

「無在庫販売でテストマーケティング的に商品を販売し、その上で反応が良かった商品の在庫を持つことで、それを有在庫として販売していく」

 

という答えになります。

 

「使い分け」というより、「流れ」に近いものになってしまいましたが、「使い分け」という観点から考えると、

 

「初期段階」では無在庫販売を利用し、「売筋が分かった段階」でその商品にて有在庫販売を利用する

 

これこそが、その使い分けの基準になると思います。

 

では、それらを説明していきます。

 

まず、「無在庫販売でテストマーケティング的に商品を販売し」という部分ですが、これは「試験的に商品を販売していく」ということになります。

 

無在庫販売のメリットでも挙げたように、「不良在庫のリスクがない」というメリットがあるので、それを最大限に活かしていくのです。

 

そのリスクのなさが「大量に出品できる」というわけで、むしろそれこそが無在庫販売の最大のメリットでもあるからです。

 

逆に、リスクがないのに商品数を増やさないのは損以外の何物でもないので、無在庫販売ではそのメリットを利用して、多くの商品をリスクフリーで出品していくべきです。

 

そうすることで、結果的に「リスクなく」売筋の商品を知ることができるのです。

 

いわばその売筋の商品を知ることこそが、テストマーケティングと言えるわけです。

 

そしてその次に、「その上で反応が良かった商品の在庫を持つことで、それを有在庫として販売していく」という部分ですが、これこそが「有在庫」の持つメリットを最大限に活用することができるのです。

 

有在庫販売のメリットとしても挙げた、「無在庫よりも売れやすい」と「利益率を高くしやすい」というメリットが活用できるということです。

 

無在庫販売の時点でテストマーケティングで売筋の商品が分かっている以上、それは「不良在庫になりにくい商品」ということであり、その商品の利益を最大化させるために、その在庫を持って販売するべきなのです。

 

在庫を持つことにより、無在庫の時に比べてより売れやすくなりますし、利益率も高めやすいので、結果的に利益の最大化につながるからです。

 

また、「無在庫販売でテストマーケティングをする」という段階を踏むことで、有在庫販売が持っている「不良在庫のリスクがある」というデメリットも解消できるわけなんです。

 

つまり、「利益の最大化」や「リスクを抑える」という観点から見ても、

 

「初期段階」では無在庫販売を利用し、「売筋が分かった段階」でその商品にて有在庫販売を利用する

 

という、その販売方法の使い分けこそが、それらのメリットが、それらのデメリットを補完し合う形になるので、最も合理的ということです。

 

ただし注意点があります。

 

「無在庫販売ができる販路」と、「無在庫販売ができない販路」は決められているということです。

 

「無在庫販売ができる販路」としては、独自ネットショップやバイマ、楽天やヤフーショッピングなどですね。

 

その反対で、「無在庫販売ができない販路」としては、ヤフオク(ストアは可能)、アマゾンなどです。

 

まれに、ヤフオクやアマゾンでも、

 

「海外から発送するので、届くまでに2週間ほどいただきます」

 

というような記載をしている、実質的には無在庫販売をしている出品者もいるのが現状ですが、あまりおすすめはしません。

 

アカウント停止の可能性があるからです。

 

それに、その禁止されている無在庫販売に取り組む時間があるなら、バイマやネットショップという少々難易度の高い販路であっても、それに正々堂々と無在庫販売で挑戦したほうが、最終的な輸入ビジネスのスキルアップにつながると思うからです。

 

無在庫で売るには、無在庫で売るなりの「他店との差別化」等の戦略が必要になってくるので、それを磨くことがスキルアップにつながるからです。

 

無在庫販売は、全く同じ商品を扱うライバルがいる市場ですから、いかにその中から自分の商品を買ってもらえるかという差別化が必要になるわけです。

 

ですので、

 

「無在庫販売でテストマーケティング→売れ筋をつかんで有在庫販売」

 

の方法は、スキルアップの観点からもおすすめな方法とも言えます。

 

まとめ

無在庫販売と有在庫販売には、それぞれデメリットがある。

《無在庫販売のメリット》

・不良在庫のリスクがない
・資金がほぼ不要
・在庫の保管スペースが不要

《有在庫販売のメリット》

・無在庫に比べて売れやすい
・販売や管理が楽
・利益率を高くしやすい

 

《無在庫販売のデメリット》

・有在庫に比べて「売れにくい」
・販売は管理が「手間」
・利益率を「高くしにくい」
(1商品ずつの仕入れのため、仕入れ値を下げる交渉がしにくいから)

《有在庫販売のデメリット》

・不良在庫のリスクが「ある」
・資金がある程度「必要」
・在庫の保管スペースが「必要」

 

それらのメリット・デメリットを踏まえた上で、「状況によってそれぞれを使い分けていく」というのが正しい選び方。

 

 

《無在庫販売と有在庫販売の使い分け》

「無在庫販売でテストマーケティング的に商品を販売し、その上で反応が良かった商品の在庫を持つことで、それを有在庫として販売していく」

 

つまり、

 

「初期段階」では無在庫販売を利用し、「売筋が分かった段階」でその商品にて有在庫販売を利用する

 

というのが理想的な使い分けとなります。

 

なお、ゆのきちの無料メールマガジンでは、

 

「無在庫販売」と「有在庫販売」を使い分けながら、どのような手順で、ゆのきちが月収200万円を”たった1年”で達成することができたのか?

 

その手順を、より具体的に、より実践的に、あなたにも実践できるように公開していきます。

 

>ゆのきちの無料メールマガジン登録はこちら

 

あなたの輸入ビジネスの成功のきっかけになれれば幸いです。

 

それでは、メールマガジンでお待ちしております。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    None Found