ゆのきちです。

この記事でお話していくのは、

「BUYMA(バイマ)で仕入れ先ショップが中々見つからない時の対処法。」

についてです。

一応、以前の記事:「BUYMA(バイマ)の仕入れ先をいとも簡単に見つける方法。」で、BUYMAの仕入れ先ショップをサクっと見つける方法を解説しましたが、それを読んで実践してみても、

『思うように仕入れ先を見つけられません』

という方が何人かいらっしゃったみたいで、そのあたりの質問を立て続けに頂いたこともあり、本日はそこについて解説していきたいと思います。

それでは早速いってみましょう。

BUYMA(バイマ)で仕入れ先が中々見つからない時の対処法。

これは結論から言ってしまうと、

「仕入れ先が見つからないなら見つからないで、無理に見つけようとせず、ちゃっちゃと別の商品にトライしていきましょう」

というのが、その答えになってきます。

というのも、BUYMAで売れている海外ブランドの商品を見つけたからといって、その商品が必ずしもネットで仕入れ可能とは限らないんです。

要するに、その商品の仕入れ先ショップを必ず見つけられるかといったら、決してそういうわけではないのです。どう頑張っても仕入れ先ショップを見つけられない事だって十分にあり得えます。

なぜなら、BUYMA(バイマ)はネット仕入れのプレイヤーだけでなく、現地仕入れ専門のプレイヤーも多く存在するからです。

もし、あなたが仕入れ先を必死に探している商品自体が、そういった現地仕入れのプレイヤーが出品している商品だった場合、そもそもネットでその仕入れ先を見つけられない可能性は大いに考えられます。

もちろん、現地仕入れで出品している商品でも、その現地の仕入れ先がオンラインショップをやっているなら、ネットでも仕入れ可能になってきますが、全部が全部そういうわけではないんです。

その商品によっては、現地でしか仕入れられないようなものもあるため、そういった商品の仕入れ先をいくらネットで頑張って探したところで、仕入れ先が見つかるわけがありませんよね。

ですので、中々仕入れ先が見つからないような場合、その商品は諦めて、ちゃっちゃと別の商品にトライしていった方がいいわけです。

BUYMAの仕入れ先がネットで見つからなければ、見切りを付けてどんどん次の商品にトライしていく。

先ほどの説明では、BUYMA(バイマ)に出品されている商品で、

『これを出品すれば儲かりそう!』

という商品があったとしても、それが必ずしもネットで仕入れが可能というわけではありませんので、そういう場合は早いとこ見切りをつけて、次の候補の商品にあたりましょうというお話をしました。

感覚的な話で言えば、「5~10分」ほどネットで検索してみて、それでも全く”カスり”もしなければ、その商品には見切りをつけていいと思います。

別にこの5~10分という時間そのものに明確な意味があるわけではありませんが、私は5~10分ほど仕入れ先を探してそれでも見つからなければ、次の商品にトライするようにしています。

そしてその方が効率よくBUYMAビジネスができていますので、ぜひ一つの目安にしてみてください。

BUYMA(バイマ)には儲かる海外ブランド商品が、本当に山ほど出品されていますので、変に一つの商品に固執する必要もありませんし、むしろ見つからない仕入れ先探しにいつまでも時間をかけている方がよっぽど損ですからね。

そういった点を心がけてバイマ転売に取り組んでもらえれば、効率よく稼いでいく事ができるはずです。

簡単ではありますが、以上が対処法についての解説でした。

まとめ:BUYMA(バイマ)で仕入れ先が中々見つからない時の対処法。

・BUYMA(バイマ)に出品されている商品の仕入れ先が見つからない場合、早いところ見切りをつけて次の商品にトライ。
→そもそもBUYMAの出品商品の中には、現地でしか仕入れる事ができない商品も混じっているから

・その商品に見切りをつける目安は、5分~10分ほどネットで検索しても仕入れ先が見つからない場合。
→明確な根拠はないが、私の経験上そのくらいの時間、仕入れ先を探して全くカスりもしなければ、あとあと見つかる可能性も低い。
→それならば、次の商品にトライした方が効率よくビジネスができる。

 

それでは本日の内容は以上となります。

ぜひあなたのBUYMAビジネスにお役立てください。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。


【お知らせ】無料メール講座をはじめました。

管理人のゆのきちです。

なぜ、地方の三流高校卒で学歴ゼロ、才能ゼロ、人脈ゼロ、資金ゼロ(むしろマイナス)だったこの私が、1年で経済的な自由と時間的な自由を手に入れる事ができたのか?

そのノウハウと裏話を無料メール講座でこっそりと公開していく事にしました。

いつでもすぐ解除できるメール講座なので、興味があれば、まずは気軽に購読してみてください。

>無料メール講座の詳細はこちら