ゆのきちです。

この記事では、

「輸入転売で月収100万円を稼ぐための考え方」

と題してお送りしていきたいと思います。

ただ、今回はあくまで「考え方」の話ですので、

『こうすれば必ず月100万円を稼げます!』

という、ノウハウ的な話では無いのですが、それでも今からお話しするこの「考え方」を心に留めていただくことで、「月100万を稼ぐイメージ」がよりリアルになると思いますし、何より、「よりリスクを抑えて月100万を稼ぐ」ための考え方が身に付くと思っています。

そういう意味でも、もしあなたが輸入転売でさらに上のステージを目指して頑張っていらっしゃるのであれば、今から話していくことがきっと参考になるはずです。

今回の内容は、かなり濃いものになっている自信があるので、よろしければ最後までお読みになってみてください。

それでは参ります。

輸入転売で月収100万円を稼ぐための考え方。

月に100万円の利益を出せるようになりたい。

そのように考える人は少なく無いはずです。

とはいえ、やみくもに「月100万円稼ぎたい」と思うだけでは、なかなか現実にはなりません。

というのも、目標を達成するためには、その目標を達成していることをありありとイメージしなければならないからです。

目標の達成をイメージするからこそ、その達成に向けて具体的な行動ができるわけですからね。

それで、私が何を言いたいかというと、いきなりこのメールの”結論”に入っていくわけですが、もしあなたが月収100万円を輸入転売で稼ぎたいと思うなら、

「月に10万円の利益を出せる”商品ページ”もしくは”仕組み”を10個作る」

もしくは、

「月に34万円の利益を出せる”商品ページ”もしくは”仕組み”を3個作る」

こういった意識で輸入転売に取り組んで欲しいんです。

ただ、この時点では「ん??」という感じだと思いますので、掘り下げてお話ししていきますね。

輸入転売で月収100万円を狙うなら数字に置き換えて考えてみる

月収100万円を稼ぐためには、

「月に10万円の利益を出せる”商品ページ”もしくは”仕組み”を10個作る」

or

「月に34万円の利益を出せる”商品ページ”もしくは”仕組み”を3個作る」

このような意識のもとで取り組みましょうということを先ほど書きました。

例えば、あなたが「ネットショップ」で商品を販売していて、そのネットショップに登録されている商品数が100個あるとします。

まあ、ネットショップではなく、BUYMAやアマゾンやメルカリなどの「プラットフォーム」で商品を販売していたとしても、それらのプラットフォームも広義では”ネットショップ”なわけですから、ここから先は「ネットショップ」という表現で統一させていただきます。

それで、これはどんなネットショップにも言えることなのですが、すべての商品が均一に売れていくということは、まずあり得ません。

そのネットショップに100個の商品が登録されているとすれば、中には全く売れない商品も必ずあります。

その逆に、順調に売れる商品が100個のうち2つや3つあったり、という感じで、売れ行きにはバラツキがあるはずなんです。

これ自体は至って普通のことですし、私が運営するネットショップもそんな感じです。

ガンガン売れる商品や、そこそこ売れる商品、全くカスリもしない商品もあったりして、そういう商品群が集まって1つのネットショップ(仕組み)を構築しているわけですね。

まあ、これ自体は、輸入転売を少しでもやっている人なら普通に実感できることだと思います。

ここまではよろしいでしょうか?

それで、私が何を言いたいかというと、まず始めにお伝えしたいのは

「すべての商品を売ろうと頑張る必要は無い」

ということです。

自戒の念も込めて書きますが、どんなに頑張っても、売れない商品は売れません。

それを売るために時間や知恵を出す余力があるなら、「今売れている商品」や「反応の良い商品」を「どれだけ売上アップさせられるか」を考えて、そこに対して自分の時間や知恵を使ってください。

売れない商品(反応の薄い商品)を伸ばすことに”消耗”するのではなく、売れている商品(反応の良い商品)を伸ばすことに”注力”するわけですね。

これが、月100万円を目指す上で、非常に大切な要素となります。

自分の身体は一つですし、1日の時間も24時間と限りがあります。

その限りある”資源”をどこに振り向けるべきかと言えば、

「売れている商品」

に振り向けるべきなんです。

仮にもし、あなたの分身がいて、1日の時間も無限にある世界に住んでいたとすれば、それは、売れない商品にも時間や労力を振り向けるべきです。

しかし、私たちの住む世界は、そうじゃありませんよね。

売れていない商品に時間や労力を振り向けている間は、売れている商品に時間や労力を振り向けられません。

ということは、どちらに時間や労力を振り向けるべきかと言えば、答えは簡単ですね。

今売れている商品(反応の良い商品)を伸ばすことに時間や労力を振り向けるべきです。

その方がリターンが大きくなるのは言うまでも無いからです。

そして、この話が今回の結論である、

「月に10万円の利益を出せる”商品ページ”もしくは”仕組み”を10個作る」

or

「月に34万円の利益を出せる”商品ページ”もしくは”仕組み”を3個作る」

という考え方にそのまま繋がってくるんですね。

というのも、輸入転売で月収100万円を目指すにしても、あなたが販売している商品のすべてで利益を出す必要は無いんです。

どう頑張っても売れない商品があるわけで、そういう商品はある意味で見捨てる覚悟も大切になります。

そもそも月収100万円程度なら、

  • 月10万円の利益が出る商品ページなら10個
  • 月34万円の利益が出る商品ページなら3個

を作るだけで達成できてしまいます。

というか別に、月20万円の利益が出る商品ページを5個でも良いですし、月に25万円の利益が出る商品ページを4個でも構いません。

いずれにしても、まずはこのように「数字」に置き換えて考えてみることが大事だということを伝えたいんです。

ただ漠然と「月収100万円を稼ぐ!」と考えるのではなく、

  • 月10万円の利益が出る商品ページを10個作る
  • 月20万円の利益が出る商品ページを5個作る
  • 月25万円の利益が出る商品ページを4個作る
  • 月34万円の利益が出る商品ページなら3個作る

という感じで、「数字」として考える癖をつけてください。

そうやって数字で具体的に考えると、あなたが何をすべきかが次第に見えるようになってくるはずだからです。

何を売るべきか、どの商品を伸ばすべきか、どういう売り方をすべきか、どういう価格設定にすべきか。

そういったアイデアというのは、数字でビジネスを考えるからこそ見えてくるものです。

ここで私の話になってしまい恐縮なのですが、参考までに、今の私が目標にしているのは「月に3000万円の売上」なのですが、そのために何をしているかというと、

「月に100万円の売上を出せる商品を30個作る」

というように、数字に置き換えて考えてやっています。

ついこの前も、月に100万円ほど売上の出る商品ページがまた生まれました。

↓↓

この商品の場合、「8800円」の価格設定であり、それが1ヶ月に「103個」売れているので、この商品単体だけで月の売上は90万円ほどになります。(8,800円 x 103個 = 906,400円)

このような商品ページを、5個・10個・15個と数を増やしていけば、その分だけ売上も伸びることになるわけです。

別にこれを自慢をするつもりは全くないのですが、あくまで、「私ゆのきちはこういう考え方でビジネスと向き合っています」ということをお伝えしたくて書いています。

ちなみに月100万円程度の売上を出せる商品ページであれば、これまでに何個も作ってきていまして、そういう商品をすでにいくつも保有しています。

ですので、あとはこれを続けて、積み増していくだけで、月3000万円の売上というのも割と目前だと感じています。

ただ、私がこういう風に月100万円の売上が出る商品ページを作れているのも、結局は

「月に100万円の売上を出せる商品ページを30個作る」

という、「数字での具体的な目標」をずっと掲げていたからに他なりません。

そういう具体的な目標があったからこそ、実際に何をしたらいいかが明確になり、それを淡々と続けてきただけの話です。

これがもし、ただ漠然と「月に3000万円稼ぐ!」としか考えていなかったとしたら、「あらゆる商品を売りまくる」というような、非効率な行動しかできなかったと思います。

しかし、前述したように、ネットショップをやるにしてもそのネットショップで販売しているすべての商品が等しく売れるわけではなく、「売れない商品」というのも必ずあります。

その「売れない商品」に時間や労力を費やすのは無駄でしかないので、いかにその無駄を省き、結果の出る”要素”に自分の時間と労力を注げるかが成功を分けるんですね。

ですから、

「月に100万円の売上を出せる商品ページを30個作る」

という感じで、まずは数字に置き換えて考えることが非常に大切だと思っています。

この考え方をあなたのビジネスに活かすには?

それでは、今まで説明してきたこの考え方を、どうやってあなたの今のビジネスに活かすか、という話を最後にします。

結論から書きますが、まずは、あなたの目指す「売上」だったり「利益」を明確にしてください。

一応、今回の記事のテーマとしては、

「月収100万円稼ぐための考え方」

となっていますが、みんながみんな、月100万円を目指しているわけでもないと思います。

人によっては、

「月収30万円」

が目標だったり、

「月収10万円」

が目標だったりすると思いますが、どんな目標を設定するにしても、今説明してきた「数字に置き換えて考える」ことが重要なんです。

仮に、あなたが輸入転売で「月収20万円」を目指すとします。

そうしたら、次に考えるべきは、

  • 月に1万円の利益が出る商品ページを20個作る
  • 月に2万円の利益が出る商品ページを10個作る
  • 月に5万円の利益が出る商品ページを4個作る

こういった考え方です。

ちなみに、私がこれまで説明してきた「商品ページを作る」というのは、輸入転売というビジネスモデルであれば、たとえば、

「3万円で仕入れて4万円で売れる(それが1ヶ月に1回のペースで売れる)」

という商品をリサーチして見つけてきて、それを商品ページとしてプラットフォームやネットショップに登録してしまえば、

「1万円の利益が出る商品ページを作った」

ということになります。

その感じで行けば、「3万円で仕入れて4万円で売れる」ような商品を「20個」見つけてきて、それを商品ページとして作成し、それぞれが1ヶ月に1個のペースで売れるようにしてしまえば

「月に1万円の利益が出る商品ページを20個作る」

が達成でき、自然と月収20万円を稼げることになります。

ここまではよろしいでしょうか?

ただ、これは別に「月に1万円」を「20個」と固執する必要はなくて、

  • 月に1万円の利益が出る商品ページを10個作り、
  • 月に2万円の利益が出る商品ページを5個作る。

といった感じで、それぞれが”混在”する形でも問題ありません。

どこまでいっても大事なのは

「数字に置き換えて考えること」

です。

ただ漠然と「月収20万円を稼ぐ」と考えるのではなくて、

  • 月に1万円の利益が出る商品ページを20個作る
  • 月に2万円の利益が出る商品ページを10個作る
  • 月に5万円の利益が出る商品ページを4個作る

という感じで、具体的な数字として捉えるようにしましょう。

あと最後にもう一つ補足です。

今回の話は必ずしも「商品ページ」という単位ではなくて、「仕組み」という単位で考えてもOKです。

「仕組み」というのは、

  • プラットフォームならアカウント数
  • ネットショップならショップ数

のことになります。

あなたがたとえば「メルカリ」で転売をしていて、「月収10万円」をコンスタントに稼いでいたとします。

そうなったら、「月収10万円を稼ぐ”仕組み”」を持っているということになるので、あとは、そのような”仕組み”をメルカリ以外に増やしていくのもOKだということです。

メルカリで月収10万円稼いでいるやり方を、そのまま「ヤフオク」に展開して月収5万円を稼ぎ、「アマゾン」の方にも展開して月収5万円を稼ぐ。

つまり、

  • 月収10万円を稼ぐ仕組みが1つ(メルカリ)
  • 月収5万円を稼ぐ仕組みが1つ(ヤフオク)
  • 月収5万円を稼ぐ仕組みが1つ(アマゾン)

という形を作れれば、それでも月収20万円を達成できることになります。

これがもし「ネットショップ」であれば、

  • 雑貨を扱って月収5万円を稼ぐショップ(仕組み)が1つ
  • アクセサリーを扱って月収5万円を稼ぐショップ(仕組み)が1つ
  • アンティーク小物を扱って月収10万円を稼ぐショップ(仕組み)が1つ

このような「仕組み」を単位にして、数字に置き換えるのもOKということです。

「商品ページ」という単位で考えるのか、「仕組み」という単位で考えるのか、どちらが正解とかはありませんので、ご自身の取り組みやすい考え方を優先して問題ありません。

いずれにしても、こうやって数字に置き換えて細分化することで

「やるべきことが明確になる」

のはもちろんなのですが、

「リスクヘッジになる」

というのも、実は大きなメリットです。

仮に、月収20万円を目指す人が

  • 1つの商品ページで月収20万円を稼ぐ
  • 1つの仕組み(ショップ or アカウント)で月収20万円を稼ぐ

というように、一つのものに偏ってしまうと、その商品ページや仕組みに何かあった時、収入が激減したり、なくなったりします。

ビジネスの世界は何があるか分かりませんので、

  • 情勢が変わったり
  • 景気が変わったり
  • 需要が変わったり

することで、今まで稼げていた商品ページや仕組みが、稼げなくなることだってあるかもしれません。

しかし、そういう時に、商品ページや仕組みを”分散”させておけば、どれかの商品ページが下がっても、そのほかの商品ページが上がるなどして、結局はバランスが保たれることになるわけです。

ですから、今回の記事でお伝えした「考え方」を念頭に輸入転売に取り組んでいただければ、

  • (数字に置き換えているので)やるべきことが明確になり、
  • (分散させているので)有事の際のリスクヘッジにもなる。

ということが言えるわけですね。

以上、参考にしてみてください。

長くなりましたが本日は以上になります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

追伸

先日から告知していた例の「NSC(無在庫ネットショップのコンサル企画)」ですが、1/12(木)から募集を解禁することに決めました。

無在庫ネットショップって、今回のメールで説明した、

・稼げる商品ページを複数作る
・稼げる仕組みを複数作る

このどちらも追求できるビジネスモデルなんですよね。

たとえば、1つのネットショップを作って、
その1つのネットショップの中で、稼げる商品ページを複数作って月収を伸ばしていく方法もありますし、

3個、4個と複数のネットショップを作って、
ネットショップごとに稼ぐ”仕組み”を作って月収を伸ばしていくのもありです。

いずれにしても、「無在庫」で取り組めるのでリスクはゼロ。

リスクなく、

・月収○○万円を稼ぐ商品ページを複数作る

・月収○○万円を稼ぐショップ(仕組み)を複数展開する

といったやり方ができるので、ぜひとも無在庫ネットショップの稼ぎ方は身につけて欲しいなと思っています。

(その辺りのやり方もサポートなどを通じて伝授していくつもりです)

無在庫ネットショップって、間違いなく一生モノのスキルなので、その稼ぎ方を一度覚えてしまえば、生涯にわたってあなたを助けてくれるのは間違いありません。

あとは、やるかやらないか。
飛び込むか飛び込まないか。

それでは1/12(木)にメールをお送りしますので興味があれば検討してみてください。



輸入転売ビジネスを無料で学べるコンテンツを用意しています


輸入転売で稼ぎたいと考えるあなたのために、ノウハウを学べるコンテンツを一覧にして、当ブログトップページにまとめています。
全て無料で学べますので、好きなだけ存分に学び、あなたの糧にしてもられば嬉しいです。
当ブログのコンテンツ一覧は下記トップページよりどうぞ↓↓

>輸入転売ビジネスを学ぶコンテンツ一覧へ(ブログトップへ)


【無料メール講座】輸入転売において自分のネットショップで商品を販売して稼ぐための方法とノウハウ

輸入転売において「自分のネットショップ」で商品を販売(転売)するための方法とノウハウを無料のメール講座にて解説しています。
「プラットフォームに依存する輸入転売はリスクを感じる」や「自分のネットショップで稼ぎたい」とお考えの輸入転売の実践者さんのお役に立てる自信がありますので興味があれば以下よりチェックしてみてください。

>無料メール講座の詳細はこちら