ゆのきちです。

この記事は「資金ゼロだけど転売で成功したい」と思っているあなたに向けて書いています。

もしかしたらあなたは、

吹き出し

自分には資金が無いから転売では成功できないのでは・・・?

と思っていませんか?

確かに、そのように考えてしまうのも無理もないかもしれません。

なぜなら基本的に転売ビジネスは資金の量と収入が比例するものだからです。

当然、資金がある方が仕入れる量も増やせますので、その分だけ収入も伸ばしていけますよね。

もちろん、資金が大量にあっても儲かる商品を見つける為のスキルが無ければ宝の持ち腐れかもしれませんが、全く同じスキルの人が転売を行なった場合、資金がある方が有利なのは間違いありません。

とはいえ、資金が無いからといって成功できないか?というと、これもまたそういうわけでもないのです。

やり方次第では、資金ゼロの人でも転売で成功していく事は十分に可能です。(私なんかは資金ゼロどころか、マイナスからのスタートでしたから。。。)

では、これから、資金ゼロでも転売を成功させる為の方法について話をしていこうと思います。

転売ビジネスを「資金ゼロ」で成功させる現実的な方法

まず先にお断りしておくと、あなたが本当に「資金ゼロ(手持ち資金が0円)」という状況であるならば・・・。

少しでもいいので、「資金を作る」という部分から着手しなければなりません。

ただ、それをお伝えすると、

吹き出し

おいおい、資金ゼロでも成功できる方法を教えてくれるんじゃないの?資金作りが必要なら、資金ゼロで成功できる方法と話が違ってくるよね?

と思う人もいるかもしれませんが、厳密な話をしてしまえば、「資金ゼロ」の状態では転売で成功することはできません。

成功どころか、1円も稼ぐことは出来ないのです。

なぜなら、転売には「仕入れ」が必ず必要なので、資金がゼロなら仕入れ自体がそもそも不可能だからです。

なので、「資金ゼロの状態の人」が転売で成功していく為には、まずは資金作りから始める必要があります。

この資金作りという過程が、「資金ゼロでも転売で成功する方法」のファーストステップになります。

とはいえ、これを難しく考える必要はありません。

なぜなら必要最低限の資金さえあれば、転売を始めていく事ができるからです。

そして、転売を始められるようになったら、あとは転売の利益を積み上げていく事で資金はいくらでも増やす事ができます。

なので、資金作りというのは、一番最初の商品を仕入れられる程度の、本当に必要最低限で十分なんです。

じゃあ、いくらの資金を作れば良いのかという事ですが、欲を言えば1万円あれば理想ですが、5000円でも構いません。

5000円〜1万円の資金さえ作ってしまえば転売をスタートさせる事ができるので、その程度の資金さえ作ってしまえばOKなんです。

で、その程度の金額であれば、「資金作り」なんて言わずとも、現時点で捻出する事ができるのではないでしょうか?

会社員の方であれば毎月の給料、アルバイトをしている方であればその給料など、5000円や1万円程度であればいくらでも捻出できると思うのです。

『そのくらいの資金なら作れます(既に持ってます)』というのであれば、この資金作りというフェーズはクリアなので問題ありません。

これから解説していく「転売」というステップに移る事ができます。

ですが、その資金を現時点で捻出できる余地がないというのであれば、必要最低限の資金は何としてでも作る必要があるので、

  • 生活費を節約して工面する
  • (会社員の方なら)残業をする
  • (アルバイトの方なら)シフトを増やす
  • 家にある不用品をヤフオクやメルカリで売りさばく

など、どんな手段でも良いですから、ひとまず1万円前後の資金を用意するようにしてください。

この「動き出し」の初期資金がなければ、転売をスタートさせる事すらできないからです。

さて、ここから先は、その必要最低限の資金を用意できたという前提で、どのように転売を始めていけば良いのかについて説明していきます。

必要最低限の資金が用意できたなら転売をスタートする

前述したように、必要最低限の資金さえあれば、それを転売ビジネスに投じて資金を増やしていく事ができます。

なので、必要最低限の資金ができたなら、もう資金作りは不要なので、早速転売をスタートさせていきましょう。

で、どのように転売をスタートさせるか、という事ですが、実はこれが結構重要なポイントだったりします。

なぜなら必要最低限の資金で始めるという事は、普通の人(資金をそれなりには持ってる人)と同じような取り組み方をしていても成功する事は難しいからです。

資金がある人は、”普通に”転売をやって、資金をどんどん回して利益を積み上げていけばいいのですが、必要最低限の資金で始めなければならない我々は、普通の転売をしていてはダメなんです。

弱者には弱者なりの戦略があるという事ですね。

では、必要最低限の資金で成功していく為には、どんな戦略で転売を行えば良いのかというと、その答えは決まっていて、

「無在庫販売」

がその答えになります。

では、これに関して、さらに掘り下げて説明していきますね。

必要最低限の資金しかない弱者が取るべき戦略は無在庫販売である

無在庫販売とは在庫を持たずに販売する転売の方法なのですが、この方法であれば、必要最低限の資金しかない人でも、効率よく利益を生み出していく事ができます。

というのは、必要最低限の資金しかない人が、通常の転売(あらかじめ在庫を仕入れる転売)を行なってしまうと、

『仕入れた商品が売れなかったら、それでおしまい』

というリスクがあるからです。

資金がそれなりにある人なら、複数の商品を仕入れて、仮にその中で売れない商品があっても、どれか1つでも商品が売れてくれたら資金を回収して、また次の仕入れに回す事ができます。

ところが、必要最低限の資金で転売を行なわなければならない我々にとっては、仕入れた商品が売れないというのは死活問題です。

仕入れた商品が売れなければ、資金も回収できませんから、次の仕入れもできず、ビジネスもそこでストップしてしまうという事です。

ですが、無在庫販売という方法で取り組めば、この問題を解消することができます。

というのは、無在庫販売なら、売れるかどうか分からない商品でもどんどん出品できるので、仮に出品した商品がサッパリ売れなくても、手持ち資金には一切ダメージがないからです。

特に、これから転売を始めるという人にとっては、確実に売れるという商品をピンポイントで仕入れるのは簡単なことではありません。

売れる商品を見極めるにも、経験やスキルが必要になってくるからです。

そのような経験やスキルがまだ十分にない状態で、必要最低限の資金を仕入れに投じるのは、ある意味「博打(ばくち)」とさえ言えます。

何度も言いますが、仕入れた商品が売れなかったらそこで終わりですからね。

ですから、経験もスキルも無く、余分な資金も一切ないというのであれば、なおさら、普通のやり方で転売に取り組んでいてはダメなのです。

だからこそ、必要最低限の資金しかないのであれば、まずは無在庫販売から取り組んでいくべきなのです。

無在庫販売で、ひたすら商品を出品していき、そのうちの1つが売れたなら、用意していた資金で仕入れを行なう。

それをお客さんへ発送し、商品が届いたら売上金を回収する事ができますので、この繰り返しによって、投じた資金をどんどん増やしていく事ができるというわけですね。

必要最低限の資金で始めて転売で成功していくなら、このような戦略でビジネスを進めていくべきです。

では、その”キモ”となる無在庫販売ですが、これにもいくつかやり方があるので、ここをさらに掘り下げてご説明していきます。

必要最低限の資金で成功する為の無在庫販売のやり方

無在庫販売にも色々なやり方がありますが、初心者の方でも結果を出しやすいのやり方を挙げるならば、以下のような感じになります。

  • 方法1:BUYMAを使った無在庫販売
  • 方法2:メルカリorヤフオクを使った無在庫販売

ただ、この2つの方法には、それぞれメリットもあればデメリットもありますので、そこも含めて今から解説していきます。

そのメリットやデメリットを考慮しながら、どれが自分に合っているかを判断されてみてください。

(※この方法の他に、私も実際に実践していて、なおかつ、唯一デメリットらしいデメリットが存在しない無在庫販売の方法があるのですが、それについてはこの記事の最後の方で触れたいと思います。)

方法1:BUYMAを使った無在庫販売

BUYMA(バイマ)とは、海外のアパレルブランド商品を出品できるプラットフォームで、無在庫販売が「公認」されているという特徴があります。

この後に説明するヤフオクやメルカリに関しては、無在庫販売がルール上、禁止されていますが、BUYMAであれば運営側が無在庫販売を公認しているので、正々堂々と無在庫販売に取り組む事ができるのです。

そんなBUYMAにおけるメリットとデメリットをまとめると、以下のような感じです。

メリット

無在庫販売が運営側の公認だから、堂々と無在庫販売ができる
⇒アカウント停止の心配がない

デメリット

扱う商品が基本的に海外アパレルに限定される
⇒アパレルの知識がゼロの人はリサーチに苦戦する可能性がある

以上が、BUYMAを利用した無在庫販売のメリットとデメリットです。

アパレルに苦手意識を持つ人は苦戦する可能性もありますが、アカウント停止のリスクなく無在庫販売ができるという利点があるので、アパレルに抵抗がないならおすすめできる方法かなと思いますね。

では次に、ヤフオクやメルカリを利用した無在庫販売について説明していきます。

方法2:メルカリorヤフオクを使った無在庫販売

国内最大のフリマアプリである「メルカリ」と、これまた国内最大のネットオークションである「ヤフオク」の圧倒的な集客力を利用して無在庫販売してくのがこの方法です。

BUYMAと違い、アパレルだけでなく、あらゆる商品が無在庫販売の対象となります。

ただ、ヤフオクもメルカリも、実際には無在庫販売が禁止されているので、バレないように行わないと、アカウント停止になる可能性があります。

以下に、メリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

ジャンル問わず無在庫販売ができる
⇒自分の得意なジャンルで攻める事ができる

デメリット

アカウント停止のリスクがある
⇒一度アカウント停止になってしまうと復活は難しい事が多い

上記が、それぞれのメリットとデメリットです。

先ほども言いましたが、メルカリもヤフオクも無在庫販売をルール上、禁止にしています。

ということは、それが運営側にバレてしまうと、アカウント停止になるというリスクがあるわけです。

もちろん、バレなければ良いだけの話なので、そこをどう捉えるかですが、ヤフオクもメルカリも「集客力」が凄まじいのは間違い無いので、

『アカウント停止とか気にしないっしょ』

っていうイケイケなマインドの人なら、ヤフオク・メルカリを利用した無在庫販売はある意味、向いているかもしれません。

とはいえ、アカウント停止になった場合、アカウントを復活させるのは簡単ではないので、そこを覚悟で挑む必要はありますが。

まあ、無在庫販売がバレるかどうかは、結局は「運」と「やり方」次第なんですけどね。

実際にバレずに何年も無在庫販売を続けている人もいれば、すぐにバレてヤフオクやメルカリから永久退場を食らっている人もいるので、結局はその人次第なところがあります。

ちなみに、ちょっとした小技として、ヤフオクであれば商品の「発送地」を「海外」と設定し、支払いから発送までの日数を「14日以降」にすることで、無在庫販売をバレにくくする事ができます。

このように設定しておけば、支払いから発送まで14日以上が経過しても大丈夫ということになるので、

「海外サイトの商品をヤフオクに無在庫出品し、ヤフオクで売れたら海外サイトから取り寄せる」

という、荒技(?)的な感じで無在庫販売を行なう事ができます。

このようなやり方で無在庫販売をしていても、外部(運営側)から見れば、それが無在庫販売なのか、本当に海外に在庫を保有しているのか、見分けがつかないので、事実上は普通に無在庫販売ができるということです。

ただ、あくまでこれは自己責任でお願いします。

万が一、アカウント停止などあっても、私の方では責任は取れませんので悪しからず、、。

以上が、ヤフオクやメルカリを利用した無在庫販売の説明でした。

で、ここから、ちょっと重要な話をします。

普通に無在庫販売していたら、結局は資金が必要である

ここまでの説明で、資金ゼロでも転売ビジネスを成功させる方法として、

  1. ひとつの商品を仕入れられるだけの最低限の資金を用意する(5000円〜1万円)
  2. 無在庫販売に取り組み、商品が売れたら仕入れてお客さんに届け、回収した利益を資金として積み上げていく

このような流れで転売ビジネスを進めていくことを提唱させていただきました。

資金がゼロという人は、まずは必要最低限の資金を作り、そこで捻出した資金を最大限に活用していく為にも、この流れでやっていくのが無難であり、なおかつ最短ルートになるかと思います。

しかし、この方法には、1つだけ大きな「落とし穴」があります。

それが何かと言うと、

『結局は稼げる金額が資金量に依存してしまう』

ということです。

どういうことか?というと、無在庫販売をやるにしても、仕入れた商品を届けて、そこで始めて売上金(仕入れ資金+利益)を回収できるわけですから、持っている資金以上の仕入れはできないわけです。

要するに、無在庫販売であろうと、注文が入ったら、その商品を仕入れてお客さんに届け、売上金が振り込まれるまでの間、仕入れ資金を「立て替え」ておく必要があるんです。

ですから、仮に5万円の資金しか持っていないのであれば、5万円分の仕入れまでしか対応することはできませんから、それ以上の仕入れ(注文)が発生しないよう、出品数などを調整しながら無在庫販売を行なう必要があります。

持っている資金以上の注文(仕入れ)が発生すると、そもそもその注文に対応する事ができず、お客さんからは、

『注文したのに届けてくれないの?』

というクレームが入る可能性すらあるわけです。

なので、無在庫販売に取り組むにしても、結局は稼げる金額が持っている資金の量に依存してしまうわけで、もし稼げる金額を増やしたいなら、ひたすらに無在庫販売を繰り返しながら、徐々に徐々に利益を積み上げてそれを資金として蓄えていく必要があります。

ですから、大きく稼げるようになるまでは、ある程度の時間(資金が増えるまでの時間)が必要になってくるわけですね。

もちろん、在庫をあらかじめ仕入れるような普通の転売ビジネスの場合、仕入れた商品が売れずに、資金が回収できずに「塩漬け」となる可能性もありますから、そのようなスタイルの転売を行なうよりかは、片っ端から商品を出品できる無在庫販売にトライした方が、資金が増えるペースも早いです。

ですが、やはりいくら無在庫販売と言えども、

『結局は稼げる金額が資金量に依存してしまう』

というのが実際のところで、そこが落とし穴でもあるんです。

たまにいらっしゃるのが、

『無在庫販売なら資金が無くても稼げるでしょ?』

と思っている方なのですが、先ほども説明したように売上金を回収するまでに仕入れ資金を「立て替える」という必要が出てくるので、結局は「資金ありき」な部分があります。

ですが、私が提唱している”ある手法”を活用すれば、

『資金力に一切依存せずに注文が入った分だけ利益を伸ばし放題』

という事が可能になるんです。

この手法であれば、文字通りそのままの意味で「資金ゼロ」の状態でも稼ぐ事ができます。

手持ち資金が完全にゼロ、銀行口座も完全にゼロの状態でも、持っている資金力に一切依存せずに利益を生み出せる手法であり、文字通り「資金ゼロ」の状態でも、注文が入った分だけ稼ぐ事ができるんです。

なので、無在庫販売の落とし穴である「仕入れ資金の立て替え」というのは一切不要であり、資金が貯まるまでは稼げない、なんてこともありません。

また、この手法はアカウント停止のリスクも一切なければ、100%合法で真っ当な手法です。

ただ、いろいろな意味でこのような不特定多数の人が見ているような場所では公開したくない手法だったりするので、ここではその手法の答えは秘密とさせてください。

ここまで長々と読んでくださったのに申し訳ないです。

ただ、一応、私の無料メルマガに登録していただいた方には、その手法の「答え」を公開しています。

メルマガはその性質上、不特定多数の人が見れるわけではなく、あくまで登録した方だけが見れるものであり、その分、秘匿性の高い情報も配信できると思うからです。

なので、もしあなたが、「アカウント停止のリスクゼロで、資金量に一切依存せず、正真正銘の資金ゼロでも利益を伸ばし放題な手法」に興味があれば、以下から無料メルマガに登録してもらえたらと思います。

では、長くなってしまいましたが、『転売ビジネスを「資金ゼロ」で成功させる現実的な方法』の解説は以上です。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。